優等生の家

約17坪の限られた建築面積でも、広く開放的なLDKをとのリクエスト。
階段下の有効活用や段差をつけるなどさまざまな工夫を詰め込み、
収納量と開放感のどちらも叶える設計をした。
ワークスペース 吹き抜け アクセントウォール・木パネル 造作洗面

開放感、快適、コスト。すべてが美しく整った約17坪

ネイビーの外壁にアクセントとなるハイウォールバルコニーとチーク材のドアの素材感でハンサムな外観を演出。こだわった20畳のオープンなLDKは、リビングを1段下げ、天井を吹き抜けにすることでダイナミックな開放感を。キッチンからI型につなげる配置で、家族が互いに顔をみながらゆったりとリラックスして過ごすことができる空間とした。階段下を活用した、高さの異なる大小2つの収納スペースや2Fホールに設けた吹き抜け越しのワークスペース、キッチン前のカウンター、2箇所のバルコニーなど随所に工夫を凝らしている。

お使いのブラウザーはこのサイトの表示に対応していません。より安全な最新のブラウザーをご利用ください。