全力リゾートの家

西側の遠景に海、北側は雄大な山を望む整形敷地。その眺望を最大限活かしながら、隣家からの視線を気にせずめいっぱい家での時間を楽しめるよう敷地に対し30度斜めに建物を配置した。
子育て 吹き抜け スケルトン階段 中庭・ウッドデッキ 眺望・借景 アクセントウォール・木パネル 間接照明 造作洗面

海と山の眺めを思いきり楽しむ工夫を、すみずみまで

“南東を開く”一般的な建てかたにこだわらず、敷地に対して建物の配置を斜めにすることで、家じゅうどこにいても北西に広がる海と山の眺望を楽しめるよう設計。外構からのアプローチにもこだわり、正面のアイストップの植栽を目を引くように配置した。吹き抜けやアクセントウォール、シューズインクロークからの裏動線など、玄関にも工夫を凝らしている。2階リビングは高天井とし、バルコニーとつなげることで大空間を演出。1階の4つの居室はすべて庭に面しており、周囲からの視線を気にすることなく開放的に暮らすことができる。葉山という土地柄を感じさせる、おおらかで自然と調和する邸宅となった。

お使いのブラウザーはこのサイトの表示に対応していません。より安全な最新のブラウザーをご利用ください。