お花見の家

前面道路にある桜の大木に見惚れ決めた立地を活かす。
車通りの多い道路であることから、
家族で過ごすLDKは外に開かず中庭により内側に開放感をつくった。
眺望・中庭・ウッドデッキ ワークスペース 吹き抜け

家族を、四季の気配がゆるやかにつないで

「桜の木の眺めを活かしたい」というご要望から始まった家づくり。独立した書斎から、美しい借景を眺めながら仕事をすることができるよう設計。1Fは家族が集まっても密にならない中庭と吹き抜けのある開放的なLDKを。中庭に面した窓を開ければ、大空間のアウトドアリビングとしても楽しむことができる。各居室はアクセントクロスを取り入れ、家族それぞれの個性を大切にした居心地のよい空間を演出。家族の時間も、自分の時間も大切にできる住まいとなった。

お使いのブラウザーはこのサイトの表示に対応していません。より安全な最新のブラウザーをご利用ください。