タツミプランニングとの家づくり

タツミプランニングを選んだ決め手は?

絶対に後悔したくなかったので、大手ハウスメーカーから地元の工務店までいくつも見積もりを取ったところ、それぞれ良くて逆に迷ってしまったんです。でも最後は「ここしかない」と決断。「魔法びんハウス」の魅力が大きかったんですが、決め手は営業Mさんの人柄です。他の会社さんはすぐ営業トークをしてくるのに、Mさんは余計なことは話さず、でも質問にはとても丁寧に応えてくれて。理系な感じも主人と話が合いました。

(横浜市戸塚区Y様)

タツミプランニングの家づくりで、何が印象に残っていますか?

私たちが不安にならない工夫をたくさんしてくれたこと、根気のいる作業を一緒にしてくれたことです。たとえばコンセントが家具の影にならないよう、家に置く予定の家具の大きさをプラン段階で計って配置を考えてから、コンセントの位置を決めたり。細かいけど大切ですよね。家づくりをされる方は、プロの方と一緒に打ち合わせするのをオススメします。

(横浜市戸塚区Y様)

低予算で建てた方、どうやって建てたんですか?

他社さんでは「物件(土地)が見つかってから来てください」と断られ続けていましたが、タツミプランニングさんはまず信頼できる不動産屋さんを紹介してくれました。土地選びの相談にも乗ってくれ、安いだけでなく子どもの成長まで考えて決定。家づくりでは、予算内で実現できる提案をいつもしてくれました。低予算だと不安が多いので、安心できて有り難かった。限られた予算で希望の家を持つなら、注文住宅で建てるしかないと今は思います。

(横浜市都筑区Y様)

営業さんとは、どんな話をして家づくりを進めるんですか?

私たちは構想がぼんやりしていたんですが、とにかくいろいろ聞かれるんです。予想外のことを(笑)。趣味、仕事、家族それぞれが朝起きてから何をしているかとか。「朝はジュースつくって、夫はコーヒーを淹れるんですよ」と聞かれるがままに答えていると「じゃあその時間すごい大事ですね」って、そんな話からいつのまにか「こんな家がいいのかな」ってどんどん導かれていくような感じでした。雑談だと思っていたことが、家づくりの大事な部分だったんですね。

(横浜市保土ヶ谷区W様)

夢の家は、具体的にどう設計を進めましたか?

僕たちは「人が集まる家をつくりたい」という夢がはっきりしていました。たくさんの人が楽しめる場所として景色をどう切り取るかから相談して、そこからキッチンの配置やウッドデッキの設計、じゃあ動線をどうするか…など細かく考えてもらいました。要望に応えるだけじゃなく、僕たちの意見を引き出してくれるのがとても良かったです。壁が少ないから将来家族が増えたときも暮らしやすいなとか、予想以上の楽しみもある家になりました。

(横浜市神奈川区Y様)

デザイン住宅に住んでみてどうですか?

うちは大きな三角窓が外観の上から下まで貫く、大胆な家です。でも結果的にいわゆるデザイン住宅になりましたが、建てたかったのは「三世代が住みやすい家」。大胆な三角窓が貫く空間はどの階層でも気持ち良く、誰がどこにいるか分かるしくみです。家族みんなの要望を丁寧に聞いてくれる営業さんのおかげで、建築家の発想と私たちの要望が噛み合って、本当に住みやすい家になった。今は「みんなにつくってもらった家」という感覚があります。自慢の家ですね。

(目黒区碑文谷S様)

お使いのブラウザーはこのサイトの表示に対応していません。より安全な最新のブラウザーをご利用ください。