お客様の声 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

お客様の声

お客様の声
戸建てなのにエアコンの効きが良いんです。 神奈川県横浜市戸塚区 Y様

 C_1.jpg何社も見積を取りましたが、結局タツミプランニングに決めました。

絶対に後悔をしたくなかったので、家を建てる前は、大手のハウスメーカーや地元の工務店さんなど、何社か見積りをもらいました。ところが、それぞれ良いところがあるし、お話を聞けば聞くほど、どこの工務店さんが良いかわからなくなってくるんですね。最終的には、ここしかないと、直感的にタツミプランニングさんに決めました。
タツミプランニングさんに決めた理由は、「魔法びんハウス」に魅力を感じたこともありますが、営業のMさんの人柄ですね。
Mさんに初めてお会いした時は、誠実そうな人だなという印象でした。それに実際お話していると、まったく営業っぽくなかったんです。他の会社の営業の人は、どんどん話をしてくれて、まさに営業という感じでしたが、Mさんはこちらの質問に丁寧に答えてくれ、柔軟に対応してくれたんですよ。それに、余計なことをあまりお話されなかったんです。そういう対応が好印象でした。
それに、Mさんは理系の人という感じがして、それが主人とも合ったみたいです。


C_2.jpg私たち素人にも理解しやすい工夫が安心でした。

家づくりは決めることがたくさんあって、細かいことは忘れてしまいましたが、印象に残っているのは、私たちが不安にならないようにと、いろいろと工夫をしてくれたことです。
また、プランを打ち合わせしていた時は、家具の大きさを測り、それぞれの部屋に配置して、窓やコンセントの位置を考えました。せっかく、窓やコンセントをつくっても、家具の影になってしまって使えなくなったらもったいないですものね。根気のいる大変な作業ですけど、これから家づくりをされる方には、これもプロの方と一緒に打ち合わせすることをおすすめします。

 

C_3.jpg一戸建てでも寒くない。

お友達に家づくりの相談をすると「一戸建ては冬寒いよ」と言われました。また、両親の家は、古い木造住宅なので、「冬は外の方が暖かいくらいだ」なんて笑って話していたこともありました。
ところが、この家はとにかくエアコンの効きがとても良くて、住み心地が最高です。冬場でも暖かいし、夏でもすごく涼しいんです。エアコンの温度設定が28℃でも十分涼しく過ごせました。これが「魔法びんハウス」のパワーなんですね。
はっきり言って、わが家のデザインは普通だなという印象でしたが、住みやすさの方がデザインの何倍も大切なんだと実感しています。
タツミプランニングさんの家は、住み心地が良く、住めば住むほど印象の良くなる家ですね。


子育て世代の私たちでも家を持つことができました。 神奈川県横浜市都筑区 Y様

家づくりの一番の問題は予算でした。

「一軒家に住みたいね」という話を妻とするようになったのは、上の子が小学校に入学する頃でした。以前住んでいた市営住宅は結婚した時に住み始めたのですが、子供が生まれ、成長していくにつれてどんどん物が増えて行くんですよね。住み始めた時はガラガラだった押し入れにも入りきれなくなって、収納しきれない荷物がリビングや玄関にまであふれてきていたんです。
それに、2人の子供がとにかく元気で、家の中でもギャーギャーうるさいんです。お隣さんや下の階の方は良い人だったので、「子供は元気なのが一番」と言ってはくれていましたが、本当は我慢してくれていたんだと思います。
そんなこともあって、漠然とした思いではあったのですが、家を持ちたいと思うようになりました。

そうはいっても、何をしたら良いかわからなかったので、とにかく住宅展示場巡りから始めました。
広いキッチン、子供たちが駆けまわれるリビング、足を伸ばして家族で入れるお風呂、十分以上と思える収納など、私たちにとって住宅展示場の家を見ることは、夢の国に行ったようなものでした。妻の目がキラキラと輝いていましたね。
しかし、そこにいた営業の方にお話をうかがい予算などの話になると、とてもわが家の家計では家を持つことは不可能だということが分かりました。それに、大手ハウスメーカーでは、土地がないと対応できないということで、「物件(土地)が見つかってからまた来てください」とも言われました。やんわりと断られたのだと思います。そんなことがあり、天国から地獄へ突然に落とされたような気持ちで帰宅したことを覚えています。

 

それでも家づくりの夢はあきらめられませんでした。

それから家を持つ夢はあきらめられず、無理とわかっていても住宅展示場や建売り住宅を見てまわりました。しかし、なかなかピンとくる物件がなかったり、最初に行った展示場と同じような対応をされていたんです。
そのうち、中古の物件か、もう少し広いマンションを探そうかという気になってきました。私の収入ではそれが限界かなと現実が見えてきたんです。

そんな気になり始めた時に、新築の家を建てた私の同僚の家に遊びに行く機会がありました。「私とほとんど同じ給料のはずなのに、家を持てるなんてうらやましいな。親御さんからたくさんの援助をもらったのかな。」と思いながら話を聞くと、自分たちの貯金を頭金にして家をてたという話です。
「それで家を建てることができるのか」と驚き、紹介してもらったのが、タツミプランニングさんでした。

友人から紹介されたタツミプランニングさんの営業のMさんとお話をさせていただき、「また、やんわりと断られるかな」と思いながらも、自分たちの予算などの話を正直にしました。その営業の方は、真剣に私たちの話を聞いてくれ、「大丈夫ですよ」と言ってくれました。
何だか信じられない気持ちです。
また、土地はタツミプランニングさんでは扱っていないけれど、信頼できる不動産屋さんを紹介してくれるとのこと、帰りの車の中で、タツミプランニングさんにお願いしてみるかと妻と話をし、決めました。
そこでやっと、私たちの家づくりがスタートできたのです。

 

家づくりはわからないことばかり。

家づくりをスタートしたといっても、素人の悲しさで、何をしたら良いかわからない不安な状態でした。タツミプランニングのMさんは、そんな私たちにも理解しやすいように細かな説明をしてくれ、土地探しにも一緒に来てくれました。
やはり、素人の見る目とプロの見る目は違いますね。ただ安いからというだけではなく、子供たちが成長した後の事まで考えて土地選びのアドバイスをしてくれました。
また、家のプランを話し合う段階になると、パソコンを使って立体図をみせてくれたり、家の模型を作ってくれたりと、図面だけではわからない点を理解しやすく見せてくれました。

一番ありがたかったのは、私たちの要望を真剣に考えてくれて、予算内でも実現できるようにいろいろな提案をしてくれたことです。
とんでもない要望もしたのではないかと思いますが、親身に話を聞いてくれましたね。また、プロの立場として、良い・悪いをはっきりと言ってくれたのはありがたかったです。借入のことや家のローンのことなど心配や不安なこともありましたが、タツミプランニングのMさんと話をしていると、不思議と安心しました。

 

B.jpg

子育て世代が家を持つには、地元の工務店が1番。

「子供が大きくなるにしたがって、もっと大きな家に引っ越したい。でもこれからお金もかかるから無理だろうな」という気持ちで、家を持つことをあきらめてしまう方は多いと思います。
私たちもそんな気持ちを持っていました。
でも、そんな私たちでも家を持てたのはタツミプランニングさんのおかげです。

限られた予算の中で希望の家を待つためには、注文住宅で家を建てるしかないと思いますし、私たちの将来の生活まで考えて親切に対応してくれ、家づくりの不安を解消してくれるのは、地元の信頼できる工務店さんにお願いするしかないとも思います。

私たちのような子育て世代で、これから家づくりを考えている方には地元の工務店さんで家を建てられることをおすすめします。

結露しない家・「魔法びんハウス」は素晴らしい。 神奈川県横浜市港北区 A様

前の家から1日でも早く引っ越したかったんです。

以前住んでいた家は結露がひどく、特に冬の朝なんかは窓にびっしりと水滴が付くほどでした。窓が曇るだけならいいのですが、結露はシックハウス症候群の原因にもなるという話を聞いてから、家族の健康も心配になりました。
私たち素人では、家の内部まで見ることはできませんが、本当に結露がひどかったですから、壁の中では、たくさんのカビやダニが発生していたはずです。そんなことを想像しながら、不安な毎日をおくっていました。

1日も早く引っ越したかったので、中古物件をリフォームするか、建売りを購入するかという選択肢で物件選びをしていました。その際、知り合いの建築士Hさんにアドバイスをもらいました。
「どうせ新居を購入するなら、中古物件や建売り物件よりも注文住宅の方が、希望の家を建てられるし、手頃な価格で建築してくれる優良な工務店を紹介する」というHさんのアドバイスもあり、土地探しも選択肢の一つになりました。
今になって考えれば、焦って中古物件や建売り物件を購入しなくて良かった。やはり家づくりのプロであるHさんのアドバイスは的確だったなと思っています。

物件を探し始めてから1ヶ月くらいで、よさそうな土地が見つかったという連絡をいただき、現地を見に行きました。その後、私たち夫婦とHさんで新居の間取りなどの案を出し合い、土地の購入を決めました。
それから、Hさんと正式な設計作業を始めたのです。

 

タツミプランニングさんで、安心して家づくりができました。

A.jpg正式に土地購入が決まった後に、Hさんから紹介されたのがタツミプランニングさんです。「従業員さんは若い方が多いけれど、建築実績も多いし、とにかく地元の建築会社さんの方が後々安心だから」ということでした。
家を建てるのは大手のハウスメーカーの方が安心かな。という気持ちもありましたが、これまで親身に相談に乗ってくれていたHさんからの紹介ですから、地元の工務店さんでも良いかなと思い、タツミプランニングさんに家づくりをお願いすることにしました。

最初は、1日も早く引っ越したいと思って始めた家探しですが、土地購入の契約をしてから新居のプランが決まるまで4ヶ月もかかってしまいました(笑)。せっかく、注文住宅で家を建てるのだし、私たちが一生生活をしていく家ですから、妥協をしたくなかったんですよね。

図面を見て打ち合わせをしたり、設計の橋本さんの事務所で制作してくれた新居の模型に、車や家具・家族などを入れ込んでイメージを作っていく作業は本当に楽しく、私たちのような素人では、平面の図面を見ただけではなかなかイメージがわかないところも、立体の模型を見ながらだとイメージしやすかったですね。
家づくりで一番大変だったのは、ローンを組むための事務手続きです。借入する金額の大きさもありましたが、それよりも印鑑証明や保証人などの書類の多さにはまいりました。しかしそれもHさんやタツミプランニングさんの的確なアドバイスをいただきながら手続きをしていったので、比較的順調にすすめられたのだと思います。
家のプランを考えるのは本当に楽しいものですが、家づくりは大変なことや不安なことも多くあります。そんな時に安心して相談できるよいパートナーがいることは大切なことだと思いますね。

結露の問題が「魔法びんハウス」で解決!
家の間取りや外観のデザインも重要ですが、新居は「結露しない家」というのが絶対の条件でした。その話をした時に、タツミプランニングさんからご提案いただいたのが「魔法びんハウス」です。
最初に「魔法びんハウス」という言葉を聞いた時は、何のことかわかりませんでしたが、詳しく説明を聞くと、家の内部に発泡ウレタンフォームを吹付けて、家をすっぽりと包みこむ工法とのこと、それに、有害物質を使用しないのでシックハウスの心配もないという説明を受けました。
断熱性能も高いので、夏涼しく、冬暖かな家ができるという説明もありましたが、とにかく結露がなくなれば何でもよかったので(笑)、新居を「魔法びんハウス」にすることに決定したんです。
夏涼しくて、冬暖かい家なんて、夢のような話だと思っていましたが、その夢が現実になったんだと実感しています。

時間はかかりましたが、自慢の家ができました。
新居に引っ越してからつくづく思うことは、「家づくりに妥協しなくて良かった」ということです。前の家の結露が嫌で始めた家探しでしたが、あせって、中古物件や建売り物件を購入していたら、また結露に悩んでいたのではないかと思います。
それに、一生住まなければならない家ですから、希望の間取りで家を建てられる注文住宅を選んで本当に良かったと思います。
また、友人の話を聞くと、企業の大きさや知名度だけで安心だと思い込み、大手ハウスメーカーで家を建てなくて良かったとも思っています。
もちろん、大手ハウスメーカーには大手ハウスメーカーなりの良いところもあると思いますが、どんな小さなことでも親身になって相談に乗ってくれたり、細やかな対応は地元の建設会社にしかできないことだと思います。

新居で一番気に入っている部分は、家の真ん中にある"らせん階段"です。限られた面積を有効に使うために、思い切って設置しました。リビングとキッチンの間にあるので、最初はじゃまになるかとも思ったのですが、実際に生活してみると、全く苦になりませんね。これも生活動線まで考えて設計してくれたからだと思います。
こういう点も大手ハウスメーカーではなかなかできないことですよね。

私たちが満足いく家づくりができたのは、建築士のHさんやタツミプランニングさんというパートナーに出会えたことが一番の要因だったと思っています。
これから家づくりをされる方にも信頼できるパートナーを見つけられることをおすすめします。

築19年の家のキッチンが生まれ変わりました。 東京都足立区 H様

 19年前のキッチンでも我慢。

お料理好きの母はきれい好きなので、19年前のキッチンも比較的きれいに使用していた状態だったとは思います。でも、19年経つといろいろなところが傷んできますし、目に見えない部分であるけど、配管の中の汚れもとても気になっていました。

それに、昔のデザインのキッチンですから、台所がなんとなく暗いんですよね。これじゃあ、せっかく作ったお料理もおいしそうに見えなくて、本当に嫌だったんです。
そうは思っていてもお金のかかることですし、嫁の立場ではそんなこともなかなか言えませんから、我慢して台所を使ってきたんです。

 

赤ちゃんのためにキッチンリフォームを決意。

赤ちゃんを授かった時に、一番に気になったのがキッチンの衛生面でした。また、赤ちゃんの健康を考えれば、できるだけ界面活性剤を使用した洗剤を使いたくなかったんですよね。地球環境とかよりも、大事な私たちの子供のことが一番の心配でした。
そんなことを夫と話をしているうちに、思い切ってキッチンをリフォームしようという話になったんです。

 

D.jpg

工事中も気を使ってくれました。

実際の工事は3日で終わりました。最初にお見積りをいただいた時に、工期は3日間と聞いてはいましたが、あっという間でしたね。キッチンは毎日使いところでもあるので、工期の短さはうれしいことですね。
また、妊娠中の私のことを考えて、できるだけ静かに工事ができるように気を使ってくれたようです。それにタツミプランニングの工事の方は、みなさんしっかりとした挨拶をしてくれて、愛想の良い方ばかりでした。リフォームの場合は、横で私たちが生活していますから、工事の方の対応の良さというのはポイントが高いですよね。

 

キッチンに立つのが、毎日楽しみ。

 

出来上がったキッチンを見て、本当にうれしくて感動してしまいました。まさに、私が夢見ていたキッチンでした。
あこがれの「食器洗い乾燥機」は、"重曹"を使うものにしました。重曹は天然素材なので、これから生まれてくる赤ちゃんの哺乳瓶や食器も安心して洗うことができます。

妊娠中はお料理のちょっとした匂いにも敏感になって、気分が悪くなったりするんですよね。それに、冷房を入れたとしても、料理するときは暑くて大変なんです。
でも、新しいキッチンではそんなことも気にならなくて、毎日お料理するのが楽しみで仕方がありません。
今まで台所に立ったこともない父や主人も「俺も何か料理しようかな」なんて言ってるんですよ。

キッチンをリフォームすることで、台所だけではなく家中が明るくなったような気がします。

お客様の声 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング