採用情報 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

採用情報

採用メッセージ

横浜みなとみらいを中心に、財布にも、地球にも優しい省エネの注文住宅を提供するタツミプランニング。「お客様の夢をかなえる自由設計の家」をコンセプトに、デザイン性の高い住宅を、お客様の要望に合わせて設計・施工しております。
新たなステージでの活躍を考えている皆さまにとって、最高の舞台をご用意してお待ちしております。

「Life is Treasure」。かけがえのない“宝物”を創造する
代表取締役 米山代表取締役 米山

“Life is Treasure”。当社のスローガンであるこの言葉を胸に、お施主様にとってかけがえのない、マイホームという人生の “宝物”を創りあげます。そのため、スタッフ全員がプロフェッショナルとしてのスキルを高め、家づくりを通じてお客様を幸せにするために邁進しています。 我々が仕事をする際に大切にしている事。それは『どれだけ楽しく取り組めるか』ということ。基本、仕事というものはどれだけ多くの人たちを幸せにできるか、そこに尽きるのではないでしょうか。人を笑顔にした分だけ、自分の幸せにつながる、そんな生き方・仕事です。 家づくりという一世一代のイベントをお客様と、またスタッフ全員と、一丸となって取り組めるタツミプランニングの家づくり。ぜひ当社の一員として活躍して頂けることを期待しています。

ひとりひとりの想いや経験・知識が、人を幸せにし、会社を育みます

生活を豊かにするものとはなんでしょう。それは、仕事自体のやり甲斐はもちろん、仲間や職場の環境、会社の将来性など、様々な事が絡み合い実現する満足感から生まれます。 あなたの「楽しさ」は連鎖します。だからこそ、私たちは仕事を楽しんで、人を楽しませなくてはなりません。そして経営はそんなスタッフたちに利益を還元し、人を幸せにする努力を続けなくてはなりません。
我々は、新たなステージでの活躍を考えられる皆さんに対して、お客様に住まいのご提案をさせていただく時と同様、できる限り誠実に面談をさせていただきます。例えば、応募者の皆さんおひとりごと、現在置かれている状況や環境は全く異なるはずです。私は、最初に皆さんの夢や希望、やりがいを丁寧にお伺いします。

最後に、人生みな一度限りであり、是非とも「やり甲斐のある人生」にしていただきたいと思います。社員の充実した人生の為に、私も益々、努力を重ねてゆきます。あなたの熱い想いをぶつけてきてください。ご応募お待ちしています。

人事データ

  • 男女比率
    男女比率 円グラフ

    全社員の男女人数

    年齢別比率
    年齢別比率 円グラフ

    全社員の年齢別人数 20代/30~34/35~39/40代/50代/60代以上

  • 管理職年齢比率
    管理職年齢比率 円グラフ

    管理職(責任者)の年齢別人数 20代/30代/40代/50代/60代以上

    働くママ
    働くママ 円グラフ

    働くママの人数 女性社員のうち、働くママ/独身含むお子様なし女性の人数

オフィスの様子

タツミプランニング オフィスイメージ

社員インタビュー

注文営業部 営業

お客様とも、社内の仲間とも。本気で向きあえる環境が原動力です。
経験を活かして、もっとお客様に喜ばれる仕事がしたかった。

Aさん「新卒で入社したリフォーム会社には10年勤めました。最終的には全国に50ほどある支店のうち1支店を任されるように。10人ほどの部下をまとめる支店長を務めたことを区切りに、新しいことに挑戦したいと思ったんです。初めから新築注文住宅へ転職したかった訳ではありませんでしたが、自分のリフォームでの経験も活かせて、チャレンジングな姿勢の会社だったからこそ、入社を決めました」

Iさん「もともと不動産仲介の営業職でした。住まいを扱うという意味では近いのですが、仲介はお客様が家を建てる訳ではないので、今よりもお客様との付き合いは浅かった気がします。転職のきっかけもお客様との距離感が理由の一つ。たまたま建売の住まいを引き渡すときに顔を出したら、これからの暮らしに期待を膨らませているお客様の嬉しそうな顔を拝見したんです。仲介の仕事では、お客様と最後にお会いするのは銀行から住宅ローンのお金を受け取る場で、仲介手数料をいただくためだったことがほとんど。売り買いの関係だけでなく、深くお客様の人生に貢献したいという気持ちが強くなって、注文住宅の営業を志しました」

商談・提案に集中できるからこそ、真剣に仕事へ向き合える環境

Iさん「前職も営業だったからこそ感じる当社の良さは、お客様からの直接の問合せや、お知り合いを通じたご紹介などの反響が絶えないこと。仲介営業時代は朝から晩までポスティングをするなど新規開拓に苦労したこともあり、商談や提案に集中できるのは非常に助かっています。ただ、ゼロから住まいをつくりあげるからこそ、提案の難易度は高い。以前はすでにあるモノを扱っていたので、誰から買っても変わらない分、“お客様と仲良くなる”ことが営業の全てでした。でも、注文住宅ではそれだけでは任せてもらえません。深い知識+お客様への想いが重要で、一段高いレベルの営業に転身した感覚があります」

Aさん「当社の場合、営業・設計・コーディネーター・工事監督と役割がしっかり分かれており、それぞれが専門のプロとして力を発揮しながら連携していくという体制です。そのため、自分が任された仕事の役割は責任を持ってやり抜くという厳しさがある反面、迷ったときや困ったときは社内のプロを頼れるのが利点。例えば、お客様から難しいご要望を受けたときでも、設計チームである『Design Labo』に相談してみると、予算や法律など外部要因でなければ社内事情で断念したプランはほとんどありません。そういったことが実現できるからこそ、お客様からは『魔法びんハウス』の性能だけでなく、プランニング力やデザイン性も支持されており、営業としても大きな強みになっています」

信頼できる仲間と一緒に、お客様からの大きな期待に応え続けたい。

Iさん「さきほどAさんが言ったように、分業しているからこそプロ意識が高く自分の仕事に真剣に向き合う人が多いかもしれません。だからこそ、契約後の流れも曖昧に進めずきちんと物事が進んでいく印象が強いですね。一人何役もこなす体制だと仕事の範囲が広いため計画的に仕事を進める難易度も高くなりがち。それぞれが責任をもって向き合っているのは、全体を統括する営業としては非常に助かっています」

Aさん「一方で、それぞれの正義はありながらも個を尊重する会社だと思いますね。自分の強みや個性を活かしながら働ける感覚。自由度の高い職場環境です」

Iさん「社内のコミュニケーションもフランクでカジュアルだけれど、決してなれ合いではありません。それはやはりプロとして本気の仕事をしているという前提があるからこそ成立しているんです。だからこそ私自身の感覚では、職場の人たちを“同僚”と“友達”の中間くらいに思っていますね。単に仕事を共にする関係を越えた、信頼できる仲間という感覚。そんな仲間たちと一緒だからこそ、お客様からの期待に応えていくことに真剣であり続けられるのだと思います。お客様とは引き渡し後も食事にお呼ばれするなど深いお付き合いをしていますね」

Aさん「営業はお客様のフロントに立つ立場だからこそ、Iさんが言うように仲間の仕事を良い状態に引っ張っていくことも醍醐味ですよね。その状態かどうかはお客様の住まいに対する評価にも関わってくるはず。私自身はその姿勢を忘れないことで、契約したお客様が次のお客様を紹介してくださるような人になりたい。そうすることで、タツミプランニングで理想の暮らしを手に入れる人の輪をもっともっと大きくしていきたいです」

社員インタビュートップへ

法人営業部 営業

転職活動中に自宅の隣で新築工事がはじまったのですが、その家を工事していたのがタツミプランニングでした!
設備会社の職人から不動産会社の営業マンに

もともとはずっと設備工事の会社で、職人として働いていました。毎日、現場で汗を流す仕事は、ある種、自分に合っていたような気がします。そんな中、仕事を通じて知り合いだった方からお誘いを受け、不動産会社の営業マンに転職しました。毎日スーツを着て、仕事をするのも悪くないな、と…。そしてせっかく不動産会社の営業マンになるのだったら、中途半端な仕事で終わるのも嫌だと思い、何とか時間をつくって勉強し、2級建築士、宅地建物取引主任者、住宅ローンのアドバイザーの資格を取得しました。
「ユンボ(地面を掘る小型ショベルカーのこと)も動かせる営業マン」として、順調に仕事をしていたのですが、勤めていた会社がリーマンショックの波を受け、一旦以前勤めていた設備屋さんに戻りました。そこでしばらく仕事をしながら、自分が本当に生涯働くための会社を探していました。

たまたま自宅の隣の家を建設していたのが、タツミプランニング
転職活動中に自宅の隣で新築工事がはじまったのですが、その家を工事していたのがタツミプランニングでした!

こうした中、転職情報サイトなどを見たり、かつての職場仲間にいろんな話を聴いたりしていました。以前の不動産会社勤務時代に、いろんな住宅会社との付き合いもあり、住宅会社も候補の1つとして考えていました。

ただ、「次に働くとしたら、顧客満足度アップを追求している会社で働きたい…」という思いもある中で、見つけた会社の1つがタツミプランニングだったのです。当時のホームページを見たり、いろんな知人に訊いても評判が良かったので、「この会社、一度受けてみようかな…」と考えた時、自宅の隣で新築の工事がはじまったのですが、それがタツミの現場でした。なんか運命を感じましたね。

社長との距離が近い

面接を受け、結果的にタツミプランニングに入社することになったのですが、まず思ったことは、情報開示がしっかりしている会社だなということです。働いていて、今どんな仕事があって、今後会社はどんな取り組みをしていくのかなど、働く上で知りたい情報は自然と入ってくるんですね。ここが前職との大きな違いでした。

後は社長との距離が近いな、と…。直接社長にいろんなことを訊けるし、相談出来ますし、更には上司の人、先輩もみんな気さくにいろんな相談が出来る会社だなと思いました。組織として、透明感を感じましたね。だから、自分の個性が活かせるのではないかと思います。とてもやりがいを感じています。

現在は、大型分譲地の企画住宅販売という大きなプロジェクトを完全に会社から任せてもらっています。おかげさまでたくさんのお客様にご購入いただき、プロジェクトは順調そのもの。その仕事をやり切って、更に新しい大きなプロジェクトを任せてもらえるように頑張りたいです。

社員インタビュートップ

Design Labo 設計

つくり手としての思いを込めながら、自由度の高い設計を実現できる環境です。
施工事例やショールームの雰囲気から、お客様への姿勢を感じた。

Yさん「前職では東京の不動産会社に新卒入社し、設計の仕事を5年経験しました。社会人としてスタートを切る上では良い環境でしたが、今後も設計を続けるなら横浜や鎌倉など、暮らしにこだわりのあるお客様が多い地域で働きたいと思うように。インターネットで神奈川の企業を探していたところ辿り着いたのが当社のホームページです。バリエーション豊かな施工事例を見た瞬間に『ここで働きたい』と気持ちは決まっていましたね。また、面接で本社を訪れてみると、ショールームにも一目ぼれ。住まいづくりを検討するお客様に対する丁寧な姿勢を感じました」

Nさん「前職が福祉に関連するリフォーム会社で設計をしていたので、新築に挑戦したかったのが転職の一番の理由です。だからこそ沢山経験を積める、年間棟数の多い会社を希望していたのですが、設計の自由度が低いのではただ数をこなすだけになってしまうと思っていましたね。そんな時に出会ったのが当社。年間棟数が多いわりにそれぞれの住まいに個性を感じたので、ここでなら色んな物件に挑戦できると思ったんです」

チームごとに専門分野を究めながら住まいをつくりあげる醍醐味。

Yさん「当社の設計部門である『Design Labo』は、“プラン”“実施設計”“申請”“CAD”の4チームに分かれており、それぞれが協力しながら一つの建物を実現しています。私はプランチームで、お客様の理想の住まいをデザインし、ライフスタイルから提案するような役割ですね。以前は一人で一通りのことを担当していたので、分業というスタイルには多少不安がありました。けれど、実際にやってみると特に隔たりがある訳でもなく、声を掛け合いながら進めていくので、大きな支障はないですね。むしろお互いをプロとして信頼・尊重し、自分の伸ばしたい力を究められる環境だと思います」

Nさん「Yさんと同じくチームで設計することは初めてでしたが、設計部門だけでなく営業や監督もすぐ近くにいますから、コミュニケーションは取りやすいですね。むしろ分業する分、それだけ経験できる棟数が増えるのがメリット。入社半年で8棟も設計できるとは思っていませんでした。また、現在は実施設計チームにいますが、新築は未経験だったので、いきなりプランからやろうとしても苦戦したでしょうし、任せてもらえなかったと思います。無理なく着実にステップアップできるのは、チーム体制のおかげです」

機能性が高い「魔法びんハウス」だからこそ、完全自由設計が可能。

Nさん「実際の施工物件を見学して感じるのですが、先輩たちの手掛けた物件は意匠だけでなく、収まりなどディテールもよく考えられています。設計力だけでなく、現場を預かる工事監督との連携など、チームとしての強さを感じますね。また、お客様からは『吹き抜けの家を建てたいからタツミプランニングを選んだ』と言われるほど、特徴的な意匠・構造を実現しやすいのも当社の特徴。断熱性能の高い『魔法びんハウス』だからこそ、熱効率や換気による制約が少なく、自由な発想でお客様の希望を叶える設計がしやすいんです。先日見学にいったお宅では、滑り台がつくってあったくらい。2年連続でグッドデザイン賞を受賞している理由も、高い機能性が下支えしているのだと思います。そんな風に魅力あふれるプランを、いつか手掛けてみたい。実施設計で経験を積み、Design Labo史上最速でプランチームに挑戦するのが、今の目標です」

Yさん「私も、本当に何でもできるんだと感じたのが入社後の一番の驚きです。先輩たちのプランを見ても感じますし、実際に自分が担当した物件でも『こうしたい』というアイデアが実現できないことは、以前よりもかなり少ないです。その分、自分の意思で出したプランだからこそ、実現させる責任感や考えの深さが必要。単に絵に描いたプランが良ければいい訳でなく、『現場やお客様のことを想像できている?』と良く指摘を受けるのが大変勉強になっていますね。だからこそでしょうか。タツミプランニングの仕事って、“作業”じゃないんです。つくり手としての想いを巡らせながら、お客様の期待に応えていけるようなクリエイティビティの高さも、嬉しいことの一つ。まだまだ私ならではの強みやスタイルは模索中ですが、自分が手掛けた物件を見て『タツミプランニングで家を建てたい』と言っていただけるようなお客様を増やしていきたいですね」

社員インタビュートップ

どっぷりと設計という仕事に専念できています!
設計の仕事を、産休・育休を経て続けられています!

まだ私が小さい頃、自宅を新築したんです。その時に家が出来上がっていく過程を何度も目にして、子どもながらに「これは面白いな!」と思っていました。その記憶がずっと自分の中にあったのか、自然と建築の道を歩いていたんです。卒業後、最初に設計事務所に入り、設計の仕事に携わっていました。ただ、毎日パソコンの画面に向かってCADで図面を作成するだけでなく、お客様と直接携わる設計がしたいな、と…。そこでリフォーム会社に転職し、お客様と直接、関わる仕事が出来るようになりました。

いつかは新築に携わりたかった

お客様と直接打合せをしながら設計が出来る仕事をしていて、毎日とても充実していました。毎日があっという間に流れていったような気がします。ただ、自分の中で「いつかは新築の設計がしたいなぁ…」と思っていたのだと思います。リフォームと違って新築の場合、ゼロから作り上げるじゃないですか!モノづくりにどうしても携わってみたかったので、新築の設計をやってみたいということで、転職活動をはじめました。

設計業務に専念できそう!

そんな中、ネットの転職サイトでタツミプランニングを見つけました。新築の設計がしたかったのですが、「未経験でもOK」という部分にとても惹かれた気がします。そして履歴書を送って、面接の日程の連絡があり、会社を訪れたのですが、とにかくオフィスがキレイで、しかも事務所が明るくて、その光景を見て「ここで働きたいなぁ」という気持ちになりました。未経験でもいろいろと経験をさせてくれ、最終的に任せてもらえるようになるイメージが持てましたし、何よりみんなが若くて、これから伸びていく感じがして、その部分も魅力でしたね。

新築の設計とリフォームの設計は違う

入社してまず思ったのは、「新築とリフォームの設計はこうも違うのか!」ということです。リフォームの場合、既に建物の外側が決まっていて、内側の壁をどうするのか、ということを中心に考えるのですが、新築は何もないキャンパスに絵を描くような感じだな、と思いました。何から手を付けていいのか、最初は分かりませんでした(笑)

でも、知識も経験も豊富な先輩が皆さん、本当に親切に、何でも教えて下さって、すぐに要領は掴むことが出来ました。そしてとにかく、日々たくさんの設計の依頼が舞い込むので、短い期間でたくさん経験を積むことが出来るのも大きいと思います。

タツミプランニングの設計チームであるデザインラボでは、一人孤独に設計をやるのではなく、チームで設計をやる感じです。ですので、自分が得意な分野を伸ばせるんですね。意匠が得意な人は、意匠設計中心に。実施設計がやりたい人は実施設計を中心に、という感じで、みんなで力を合わせて1つの作品を作り上げるイメージです。

産休・育休という転機

いよいよ仕事にも慣れ、どっぷりと設計の仕事に専念できるようになった時期に大きな転機がありました。約1年間 産休・育休を取得したんです。その後、時短勤務で復帰同じ設計の仕事に復帰しました。両立することができるのかはじめは不安でしたが、ペースに合わせながら働くことができていて早1年以上が過ぎました。他の部署でも産休・育休明けのメンバーも多く、悩み相談もできますし、時短勤務者でもわけへだてなく仕事に取り組むことができる環境や風土があるので気持ちの面でもとても働きやすいと感じています。
これからもお客様のために素敵な家を設計できるよう、家庭と仕事を両立しながらしっかり力をつけていきたいと思っています。

社員インタビュートップ

建築工事部 施工管理

効率良く働きながらチャレンジを続けられる環境。女性や若手監督でも難易度の高い仕事を実現しています。
チャレンジを続ける企業姿勢や、社内の雰囲気に惹かれた。

Sさん「私は以前設計の仕事をしていました。でも、自分が設計した物件の建築現場に行って図面が形になる醍醐味を感じたのと同時に、職人さんやお客様とやりとりをしながら完成を目指していく工事監督の仕事が羨ましくなったんです。そこで思い切って女性の私でも監督に挑戦させてくれる会社に転職。5年ほど経験を積ませてもらいましたが、男性中心の環境で休みもほとんどありませんでした。そこで環境を変えようと思い立ったときに出会ったのがタツミプランニング。建築だけでなく太陽光や飲食など様々な分野にチャレンジしていることを知り、若い人が活躍している様子だったので、私も主体的に関わりながら学べることが多そうだと感じましたね」

Mさん「タツミプランニングの新卒入社第1期生です。大学では文学部だったので、はじめは建築業界を志望していた訳ではありません。むしろ、自分が何をしたいのか、答えが見つからないまま就職活動をしていましたね。だから最初は不動産とハウスメーカーの違いも良く分からないくらい。なんとなく怖そうなイメージもあったほどです。でも、面接で訪れてみるとイメージは一変。みなとみらいにある本社オフィスは雰囲気も明るく、先輩たちの人柄も良さそうだったので、働くことに前向きになれました」

女性だから若手だからと不利にならない。きちんと一人前になれる環境。

Mさん「新卒1年目は、研修期間という位置付けで1年間現場に出させてもらいました。先輩に同行して一つひとつ教えてもらったのはもちろんですが、当社の建築工事を依頼している職人さんたちの存在に助けられましたね。まだ何も分かっていない私の指示を出す側であることを受け入れてくださり、足りないところを補いながら教えてくれるような方たちばかり。もちろん自分から率先して動かないと信頼は得られませんが、ベテランの職人さんたちには温かい目で見守っていただいたと感じます」

Sさん「Mさんが言ったように、女性の私にとっても当社の環境は非常に助かっていますね。会社が女性監督を認めていたとしても、職人さんや協力会社さんがどう思っているかで仕事のしやすさは格段に変わります。その点、タツミプランニングの場合は長いお付き合いがあって深い信頼関係の職人さんや企業が多いので、“女性や若手の監督を育てることが建築業界の未来には必要”という当社の方針を理解してくださっています。だから、未経験からスタートする人にとってはしっかりと学べて一人前になれる環境だと思いますね」

プライベートも大切にしながら、お客様に喜ばれる仕事ができる。

Sさん「入社して良かったことは、一つは自分の時間が持てるようになったこと。転職当初から労働時間や休日にゆとりができましたが、会社全体として効率的に働く意識を高めているため、ここ数年で更にプライベートの時間が増えました。もう一つは、私がその物件を担当する意味や価値が大きいこと。私が担当している“ハウスラボ事業”の物件は、外部の建築家の先生方と一緒に家をつくるのですが、オリジナリティの溢れる物件ばかりで、話し合いながらつくっていく部分が多いです。図面通りに建てるのではなく、現場をみながら提案していく動き方が必要。たとえ同じ図面でも、監督が誰かによって出来上がりが違うとも言えます。だからこそ、誰でもいいのではなく「あなたと仕事がしたい」と言われるような人に私はなりたい。建築家さんからもお客様からも、女性の私が監督で良かったと言われるような仕事を、これからも増やしていきたいです」

Mさん「働き方については会社全体が変わってきていると感じます。監督は工事現場の責任を預かる仕事ですが、だからといって長時間働くことは良くないという風土が根付いているので、生産性高く効率的に働く工夫を会社も個人も行っていますね。その意識が強かったからなのか、入社3年目の昨年は、担当物件数が社内トップという実績でした。もちろん先輩方に助けていただいた実績でもありますが、それだけ沢山のお客様の住まいを実現したということなので、素直に嬉しかったですね。今年は、Sさんが担当している“ハウスラボ事業”の物件にも挑戦中。社内でも難易度の高い仕事なのに、若手でも手を挙げたらチャレンジさせてくれた会社の懐の深さには感謝しています。こんな挑戦を繰り返しながら、Sさんのように知識豊富で提案ができる監督になりたいですね」

社員インタビュートップ

ハウスラボ事業部

とにかく働きやすい職場環境で、毎日が充実しています!

ずっと住宅・不動産業界で働いています。大学を卒業後、地元密着型の不動産会社で、まず賃貸の営業に就き、2年目からリフォーム事業のコーディネーターをさせていただいてました。仕事そのものは楽しくて、しかもとてもいろんなことを学ばせていただいた会社だったのですが、家族が体調を崩したので、そのサポートをしなければならず、退職することに…。

その後、家族の体調も戻ったので、就職活動をスタートしましたが、住宅業界、もしくは人材採用の業界のどちらかで働きたいと思っていました。いずれにしても、人に深くかかわることができる仕事に就きたいと思っていて、何社か受けさせていただいていました。

女性が働きやすい職場環境が決め手

就職活動をする中で大きかったのは、まずはエリアでした。やはり家族のこともあるので、自宅からそんなに遠くない場所で働けるということは、条件として外せませんでした。クイーンズの中に本社があって、雨の日でも濡れないで職場に行くことができ、また万が一、何かあった際もすぐにみなとみらい駅に行くことができるということは、私にとって非常に重要でした。

また、面接のときに社長から「仕事はもちろん、一所懸命やってほしいですが、しっかりと休んで自分の時間も大切にしてください」という言葉をいただけたことも大きかったですね。やはり自分の時間もある程度確保できて、オンとオフのメリハリをつけたいと思っていたのです。実際にタツミプランニングで働いてみて、スタッフ全員が大人というか、仕事では皆、協力的で、一つのことをやり遂げようという気持ちになっていますが、オフはそれぞれがそれぞれの時間を大切にする文化がある感じがします。

みんなスマート

あと、スタッフの大半が中途社員なのですが、皆さん、それぞれの会社でもともとバリバリお仕事をされてきた方ばかりで、みんなとても魅力的です。社長・上司・全スタッフと、本当にみんないい人ばかりです。また、皆さんスマートというか、本当にメリハリをつけて働いているなぁという感じです。仕事をやるときは、トコトンやりきる。でも休むときは休む。みんな、とてもスマートだなぁと感じます。

そういう仲間がいっぱいですから、これから先もどんどん会社として伸びていくだろうなという感覚を持つことができ、その点でもとてもありがたいですね。

ハウスラボ事業をもっと伸ばしていきたい

今は、建築家とつくる家というコンセプトのハウスラボ事業の受付・事務・営業サポート全般に携わらせていただいていますが、建築家の先生の発想は本当に素晴らしくて、出来上がった家も本当に素敵なんです。この素敵な住まいがもっと広がっていくよう、自分にできることを頑張っていきたいですね。

また、建築家の先生のセンスをタツミプランニングの家に活かすことができれば、まほうびんハウスも今以上に洗練されたものになっていくと思うんです。そういう部分でもみんなの役に少しでも立てるような仕事をしていきたいですね。

社員インタビュートップ

リフォーム事業部

個性豊かな新築住宅を手掛けてきた当社の強みは、リフォームやエクステリアにも活かされています。
新築住宅事業の存在が、私たちの仕事にもプラスになっている。

Kさん「リフォーム事業部は、“戸建・マンション等の住宅担当”、“店舗や商業施設担当”、“住宅エクステリア(外構)担当”で構成されており、私は住宅のリフォーム担当です。最近は建物を丸ごと新しくするようなフルリノベーションのご依頼も増えており、タツミプランニングの新築住宅の評判を聞いて、リフォームを希望されるお客様が多くなっていますね。そのため、仕事のスタイルとしては、問合せやご紹介からはじまる反響営業。前職では顧客開拓でポスティングをすることなども必須だったので、商談・提案に集中できるのは嬉しいことの一つです」

Yさん「私は玄関アプローチや植栽、門柱といった 外構担当。組織体制上、リフォーム事業部に所属していますが、仕事としてはタツミプランニングで新築住宅を建てるお客様へのご提案が中心です。営業・設計・施工とトータルに外構部分を手掛けていることもあり、住まいづくりの一環として長期間お客様とお付き合いしていくのが特徴。新築の営業担当や設計・コーディネーター・工事監督とも密接に関わりながら、お客様の希望を実現していきます。入社して驚いたのは、多くのお客様が当社のファンになってくださっていること。私の仕事は、住宅に関わる様々な担当者によるリレーのアンカーとも言える仕事なので、ファンのみなさんの期待に沿えるよう気が引き締まる思いでお客様に向き合っていますね」

信頼と責任を胸に、自分らしく仕事を広げられることが嬉しい。

Yさん「仕事の進め方としては、一人ひとりが責任を持ちながら自分の裁量で進められるところが気に入っています。決まった枠の中でしか動けないのではなく、お客様と自分が納得して進めることが重視されるので、スケジュールの調整も比較的しやすく、プライベートの予定も大切にできます。こどもの行事などにも参加しやすい働き方ですね」

Kさん「だからといって個人主義という訳ではなく、チームや組織の連携も活発ですよ。フルリフォームの物件などの場合は、新築工事の監督や設計が持つノウハウに助けられることもありますし、注文住宅の営業からお客様を紹介されることもあります。また、新築向けのモデルルームを私たちが活用することもあるんですよ。見学されたお客様が『こんな家にリフォームしたい』と目を輝かせてくれたこともありました。こんな風に助かっているからこそ、私は単なるハコではなく暮らしやライフスタイルをデザインするような提案に力を注いでいます」

Yさん「新築部門のスタッフのレベルの高さは、私も感じますね。各担当と会話しても知識が豊富で、一人ひとりが責任を持ってお客様に向き合っている印象があります。そういった姿勢がファンを増やし、それぞれの仕事に還元されているのかもしれません」

毎回が異なる挑戦の連続だからこそ、多様な経験の人たちが集うチームでありたい。

Yさん「私たちの事業部は、住宅・店舗・外構とジャンルも様々なので、活かせる経験は一つに限らず、多様な人たちが集いやすいのも特徴ですね。業務も多岐に渡りますが、初めから全てできなくても良いと思います。営業ができる、図面が描ける、工事監督の経験がある…とどれか一つができれば、あとは学びながら成長できる環境です」

Kさん「確かにそうですね。Yさんが担当しているエクステリアだって、その経験が必須ではないし、むしろ土木の経験だって活かせるはずです。色んな人が集まれば、その分組織として多様な案件に挑戦できるので、みんなにとっての成長の幅が広がっていくと思います」

Yさん「未知の領域という意味では、私は建築家の先生方と一緒に家づくりを行うハウスラボ事業の案件を手掛けてみたいですね。こだわり抜いた住まいにあわせて、外構をどう調和させていくかはきっと難易度も高いでしょうが、先生方の考え方を学んでみたいんです」

Kさん「私の場合は、リフォームも新築部門と同様にデザイン性やライフスタイルの提案で評判になるような事業にしていきたいですね。リノベーション住宅は時代にもマッチした住まい。お客様の心地よい暮らしや人生を、自分の仕事でもっともっと実現していきたいです」

社員インタビュートップ

積算購買部

「ありがとう!」という言葉をお客様からいただくと、本当に嬉しいんです!
現場監督という仕事に出会う

学生時代、大学で建築の設計や施工、更には哲学などいろいろなことを学んできましたが、そんな中で自分には「施工が合っているんじゃないか?」と思っていました。そして就職活動中に、インターンで実際に建設会社で働かせていただいたのですが、自分のイメージ通り、「やっぱりこの仕事がしたいな」と…。最終的にご縁のあった、東京の建設会社に就職しました。

監督の仕事にとにかくこだわる

東京の会社で現場監督として順調に仕事をしていたのですが、その会社が残念ながら解散することが決まりました。当時、携わっていた現場の監督をしながら、次の会社を探さなくてはならない中、自分の中では「絶対に監督業を続けたい」と思いが日に日に強くなっていったのです。「どの会社で働くか?」ということよりも、「どんな仕事をしたいのか?」という思いの方が強かったですね。ですから、転職サイトで検索して、一番上にある企業から、ドンドン採用面接を受けようと思っていました。そんな中、転職サイトで監督業を募集している企業を検索してみると、一番上にあったのが、タツミプランニング。当然、真っ先に受けました。

転職が決まるまで

タツミプランニングに応募すると、すぐに面接日が決まりました。それまでタツミプランニングという会社は全く知らなかったのですが、面接前に自分なりにいろいろと調べ、その上で面接当日、当時本社のあった馬車道のオフィスビルに向かいました。

まずビックリしたのが、当時のオフィス。とてもキレイで、しかも馬車道から徒歩5分もかからないところにあって、「通勤にとっても便利!」と思ってしまいました。更に社長がとても若く、「これからドンドン伸びていくんじゃないか?」と将来性を感じました。オフィスの雰囲気もとても良く、しかもスタッフ全員、若くてイキイキと働いている印象を受けましたので、「ここで働きたいなぁ」と思いました。そして面接終了後にすぐ、採用していただけることが決まりました。

監督業から、支える役割の積算・購買へ

入社するとすぐに先輩がついてくれて、約1年近く、朝から夜までずっと同行させていただき、住宅建築の監督について、一から学び直すことが出来ました。この1年間、先輩が丁寧に教えて下さって、本当に勉強になりましたし、今日の自分のベースが出来たと思います。また、スタッフ全員、本当に気さくで仲が良く、当時から雰囲気も良いです。

タツミプランニングに入社して以来ずっと新築の監督をさせていただいていて、お客様から「ありがとう」というお言葉を頂戴するたびに疲れが吹っ飛ぶような充実した日々を送っていたんですが、あるとき「現場を支える仕事にチャレンジしないか」と声をかけていただき現在の積算・購買部に着任しました。

新たなチャレンジではありましたが、図面をもとに工事費を算出したり資材や設備の仕入れに深く携わるこの仕事はこれまでの監督としての経験をさらに活かすことができると感じています。

今、おかげさまで、会社の中では積算購買部門のリーダーを任せていただいていますが、まだまだ自分の中で「リーダーとは何か?」というイメージが完全に出来上がっていません。日々、仕事に向き合う中で、リーダーという仕事の答えを見つけていきたいと思っています。また、タツミプランニングの協力業者さんは皆さん、本当に良い方ばかりで、この人たちとなら良い家をつくっていけるという思いが自分の中にあります。クオリティーの高い住宅を年間500棟、供給出来る管理体制をこれからつくっていきたいです。

採用情報 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング