制振装置×耐震性の高い「ピン工法」 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

制振装置×ピン工法

魔法びんハウス
地震に強い
静かな空間
エネルギーを自給する

最新の地震対策[制振装置]

耐震だけでは補えない性能をカバーする制振装置。揺れを吸収することで地震に対抗する最新の地震対策です。

制振だけではなく、「制振」という最新技術を。
あなたの住まい、耐震だけで安心・安全だとお考えですか?
耐震
柱・梁・壁などの強度で地震に対抗する。
揺れに「耐える」地震対策
制振
揺れを吸収する装置で地震に対抗する。
揺れを「制御する」地震対策
耐震だけでは補えない性能をカバーするのが「制振」
耐震装置が守るもの
  1. 資産価値を守ります。
    ダメージを軽減
  2. 構造躯体を守ります。
    揺れを吸収・低減
  3. 倒壊から命を守ります。
    耐震プラス
  4. 耐震後の暮らしを守ります。
    補修コスト制御
  5. お孫さまの代まで家を守ります。
    抜群の耐久性で長期にわたる安心を
制振装置の特徴
1.揺れを吸収
建物の揺れが抑えられるため
構造躯体へのダメージが軽減されます。
2.本震だけでなく余震にも効果を発揮
繰り返しダメージを吸収し、
損傷を最小限に抑えます。
3 家計に優しい、高いメンテナンス性
長期にわたりメンテナンスは不要なので
暮らしの負担とならない。

「ピン工法」で構造面を強化。耐震性も向上。

接合金物を使用する「在来工法」が新登場、在来工法の基本構造である「梁勝ち工法」を採用。究極の「ピン工法」というべき、ボルトレス、ドリフトピンのみでの接合を実現しました。従来の金物工法の常識を覆す新金物の登場です。

在来工法の基本構造である
「梁勝ち工法」を採用。

従来の金物工法は、柱勝ちが基本の工法ですが、在来工法と同じ「梁勝ち工法」を基準としていますので、スムーズな施工を実現可能にしています。

ボルトレス。ドリフトピンを
打ち込むだけの究極のピン工法。

フラット金物とツイスト金物を組み合わせることによって、これまで欠かせなかったボルトを一切使わず、ドリフトピンだけでの施工を可能としました。

ピン工法の特長

地震の弱点「断面欠損」を低減。

従来の工法では、木材を繋ぎ合わせるために、接合部分を大きく削る必要があり(断面欠損)、地震など大きな力を受けた時の弱点になってしまうことがありました。ピン工法では、専用のピンで接合することで、断面欠損を最小限に。一般的な在来工法よりも地震に強くなっています。

安心の耐久性。

構造がしっかりと強化されているので、経年変化にも強く、接合部に使用している金物には、「カチオン電着塗装」で表面処理を行い、錆を防止。長く住まえる家にするためのベースとなります。

仕上がりがキレイ。

これまでの金物工法は、金物をボルトで木材に固定してきました。この金物では、金物自体の構造を「ひねる」という工夫で、接合部分の強度を保ちつつ金物を木材の中に隠してしまいます。そのため、接合部分を美しく仕上げることが可能で、柱や梁などの構造材を見せるデザインにも適しています。

制振装置×耐震性の高い「ピン工法」 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング