【魔法びんハウス建築レポート】木工事完了編 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

ニュース

【魔法びんハウス建築レポート】木工事完了編
7月中旬。いつもの通りY様邸を訪れたところ、
ご覧の通り、壁ができていました。
 
130713_01.jpg
(玄関っぽい!)
 
これまでは、玄関をあけたら奥まで見渡せたのですが、
今は居室ごとに壁で仕切られています。
着々と家が出来上がっている証、ですね。

また、まだ工事中のため、ふたやビニールが被せてあるのですが、
バスルームや、キッチンにも、設備の取り付けがほぼ完了していました。
130713_03_02.jpg130713_02.jpg
 
中二階の下には収納が。
130713_07_02.jpg
ご覧の通り入口が二つあるので、
お子様の身長なら楽々行き来ができちゃいますね。
(これはご兄弟の恰好の遊び場になる予感…)
 
こちらは、2階の廊下から見上げた様子。
吹き抜けが気持ちいいですねー。
130713_04.jpg
実は先日、この吹き抜けの眺めをみた奥様が、
工事監督に質問されていました。
「窓から射し込む日光で床や壁が痛んだりしないんですか?」
とのこと。
なんでも、カーテンをどうしようか迷われているとのことでした。
監督からの説明によると、
「弊社が使用している窓も含め、最近の窓は、
可視光線は通しても紫外線はほとんど通さないようなものが多い」
のだとか。
もちろん、気象条件やその他の影響も含めて100%ダメージがないとは言えないものの、
昔と比較すると、日光が当たる部分だけが
短時間で極端に焼けてしまうということはないようです。
 
さて、外壁をみると、先日ご紹介した
白い外観のベースとなる壁とはまた別に、
アクセントとなる木目調の壁も施工が完了してますね。
130713_05.jpg 
まだ足場があるので、全体感がちょっと分かりにくいですが、
そろそろ足場が解体されるころですので、
次回はいよいよ完成間近。全貌が見えそうです。
 
お楽しみに!

130713_06.jpg

 

【魔法びんハウス建築レポート】木工事完了編 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング