【魔法びんハウス建築レポート】品質管理編 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

ニュース

【魔法びんハウス建築レポート】品質管理編
着々と工事が進んでいるY様邸ですが、
今回は番外編をお届けします。
 
タツミプランニングでは、
現場を担当している工事監督とは別に、
社内の品質管理スタッフがいます。
●お客様に引き渡す建物として、適切な工事がされているか。
●近隣住民の皆様にご迷惑をかける状態ではないか。
●事故・けがを防ぐ安全対策ができているか。
の観点で、社内の第三者機関として、
日々神奈川・東京の工事現場を巡回しているんですよ。
先日はY様邸の現場を点検する日でしたので、
私も同行してきました!

130701_01.jpg130701_02.jpg
まず現場に到着して、工事現場の外観が適切な状態かどうかをチェックします。
担当者によると
「現場の養生シートや入場ゲートは、近隣の方やご通行の方の目に触れる、“顔”の部分。
ここが良いとイチ個人としても気持ちが良いし、是正が必要な場合は残念な気分になる」
とのことでした。
確かに、自宅の隣が工事中だったら…と、
一般の方の気持ちになって考えてみると、
工事現場は「非日常」的な景観。
どうしても、大型の車両が出入りしたり、工事の音がしたりと
不安な気持ちにさせてしまうことは、ゼロではないと思います。
その前提で考えた時に、なるべくそのお気持ちを少なくできるよう、
美化に努めることは当たり前のことであり、
忘れてはならない大切なことだと、改めて思いました。
 
続いて、現場の中での状態を確認。
130701_04.jpg130701_03.jpg130701_06.jpg
内外部にとりつけてある足場が、安全な状態か、
仮設水道や仮設電気の状態は良いか、
工事で出てしまう廃棄物が適切に処理されているかなどをチェックします。

みんなが気持ちよく仕事ができるように、仮設トイレの清掃状態などもチェック。
(飲食店などで良く言われるように、トイレは品質のバロメーターとも言えますね!)
130701_05.jpg
 
 
最後にY様邸の当日の状況を評価して、
次の現場へと巡回していきました。
130701_07.jpg
チェックした結果は、担当監督へと直接指導されるのと同時に、
社内のスタッフ全員にも現場の写真とともに共有されます。
良い取り組みや是正箇所を社内みんなが理解し、
全体として良い状態をつくっていくためです。
 
 
品質管理のスタッフは、ある特定したお客様や物件を担当するわけではないので、
あまり表に出ることはないのですが、
お客様の大切な住まいづくりを支えている、大切な存在です。
日々色んな現場を駆け巡っていますので、
お客様および、関係企業、職人の皆さま、今後ともどうぞよろしくお願いします。

【魔法びんハウス建築レポート】品質管理編 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング