【魔法びんハウス建築レポート】断熱編 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

ニュース

【魔法びんハウス建築レポート】断熱編
130617_06.jpg

前回予告いたしましたが、
今週末に発泡ウレタン断熱材「ecomoco」の吹付けが完了しています。
 
柱や壁の木材が直に見えていたものが
130617_01.jpg 130617_02.jpg
130617_03.jpg 130617_05.jpg
真っ白におおわれています。
このモコモコと覆っているものが、断熱材「ecomoco」です。
(施工中の様子はコチラのリンクからご確認ください!)
 
下から見上げてみると、天井裏までみっしりと吹付けられているのが分かりました。
周囲が真っ白におおわれているので、
どことなく室内も明るく感じます。
130617_04.jpg
施工を行ったのは、グループ会社として今月設立した株式会社エコモコ。
(旧:タツミプランニング断熱事業部)
断熱性能が特長の一つである「魔法びんハウス」は、
このecomocoが支えているといっても過言ではありません。
 
ちなみに、この日は最高気温29℃。
強い日差しが照りつける夏日でしたが、
一歩中へ入ってみるとひんやりと涼しいのが体感できました。
前週Y様邸を訪問した時は、まだecomocoの吹付け前で、
室内外の温度差を特に感じられず、多少暑さを感じていたため、
この違いにびっくり。
つまり、これはecomocoによって、
日中の熱気が室内に伝わりづらくなっているということ。
 
夏場に大工さん達から
「ecomocoを吹付けたあとは現場の作業が快適になる」
という話を聞いていましたが、
自分で体感してみるとその性能に納得でした!
 
さて、ここからは家の完成まで一気に進んでいきます。
次回は、魔法びんハウスの機能を支える、
もう一つの「アレ」をご紹介予定です!
 

 
【番外編】
先日Y様ご家族が、建築現場の見学に来て下さいました。
中では細かい仕様等、確認頂きましたが、
約1.5時間ほど打ち合わせをさせて頂きました。
130608_07.jpg
この日も現場で作業して下さっていた、大工の棟梁さんに受け取って頂きました。
お心遣い、大変ありがとうございました!
 
そして、この日はお施主様もいらっしゃいましたので、
棟札を取り付けさせて頂きました。
棟札は家の歴史を語るもので、家族の繁栄をお祈りするものです。
130608_08.jpg
家の中央、一番高い所に南向きで取り付けています。
担当監督にて、責任を持って取り付けさせて頂きました!
 
この1ヶ月でどんどん進んでいきますよ。
お立会い、ありがとうございました!
130608_09.jpg

【魔法びんハウス建築レポート】断熱編 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング