【魔法びんハウス建築レポート】上棟編 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

ニュース

【魔法びんハウス建築レポート】上棟編
こんにちは。
先週、関東地方は梅雨入りしましたね。
雨が多い季節は、どうしても屋外で行う作業が
スムーズに進みづらくなってしまいます。
工事だけでなく、私の仕事でも外観の写真が撮影できなかったりするので、
雨や雪は建築会社にとって宿敵なのです…。
早く梅雨明けしないかなあと思う今日この頃です。
 
さて、そんな時期ではありますが、
Y様邸は梅雨入りの1日前に無事に上棟しました。
130528_01.jpg 
130528_03.jpg
私が現場をお伺いした時は、
丁度職人さんが休憩されていたところでした・・・残念。
(上棟時には↓のような感じで職人さん達が颯爽と家の骨組みをくみ上げていきます)
130528_05.jpg
上棟ってどんなことをするの?と思われた方は、
以前のブログでもご紹介していますので、
こちらをご覧下さい! →(こちら
 
以前ご紹介した現場では、
「担ぎ手」と呼ばれる職人さんたちに、
一つ一つ建材を運び上げてもらいましたが、
Y様邸の施工現場では、クレーンを使って建材を運んでいます。
130528_04.jpg
こうして近くでみるとすごい迫力です。
もちろん許可を取った上でですが、
作業中は道を塞いでしまっていることもあり、
警備員さんが道の両端に立ち、交通整理や歩行者の安全確保を行っています。
職人さんだけでなく、色んな方に協力を頂きながら家が建っていくんだなあと
改めて思った上棟でした。
 
次回は魔法びんハウスの断熱性能を支える「アノ」施工風景をお届けする予定です。
引き続きよろしくお願いします。
 

【魔法びんハウス建築レポート】上棟編 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング