熱交換型換気システムは高い!? 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

ニュース

熱交換型換気システムは高い!?
毎週日曜日、あの“大改造”リフォームのテレビ番組を観るのが楽しみなのですが、
先日の放送では広い室内全体を快適に保つ工夫として
床下の地中熱を利用した“熱交換型換気システム”と
高気密・高断熱の“ウレタン断熱”が採用されていました。

スタジオでも所ジョージさんや高橋真麻さんが話題にしていて、
嬉しくなってしまいました。

 
…この2つといえば、タツミプランニング【魔法びんハウス】の特徴でもあります。

 
 
 
mahoubin_1.jpg
 
そこで一般の方の反応も気になり…インターネット上の反応を見てみたところ
 
「ウレタンがもこもこして楽しそう」
「機械のシステムを入れるなんて高くなりそう」
「維持費やメンテナンスが心配」
 
…という声が多く上がっていました。
 
— — — — — — — — — — — — — — — — — — —
さて、熱交換型換気システムやウレタン断熱は高いのか!?
 
魔法びんハウスでは、
 
・熱交換型換気システム
・発泡ウレタン断熱[ecomoco]
・ピン工法
 
この3つは魔法びんハウスの標準仕様に含まれており、
大変高い評価を受けております。

mahoubin3.jpg

(魔法びんハウスの3つの特徴 左から 熱交換型換気 発泡ウレタン断熱 ピン工法)

標準仕様とするには、高くなってはいけません。
デザイン性と機能性の高い住まいをお値打ち価格でご提供できる理由は…
 

年間約500棟の施工実績によるスケールメリットを活かした建材・設備の仕入れや、
もともと外壁・屋根・樋・板金・ユニットバスやキッチン施工の会社から
スタートしている当社。
特にウレタン吹き付けと熱交換型換気システムの工事をしている会社が
グループ会社という事もあり、施工内容・工程を熟知していることから
余計なコストがかからない!のです。
 
また、冷暖房費にすると従来の省エネ住宅に比べ年間で5~10万円もお得になるので
建てたあとのランニングコストも抑える効果も。
 
☆ちなみに!熱交換型換気システムのメンテナンスについて☆

日々のお掃除の時、各部屋の吸い込み口を掃除機でお掃除。
外の吸気フィルターを2~3か月に1度水洗い。
換気システムの中身を10年に1度交換。
でOKです。
(もちろん機械内部に虫などが入らないようにも工夫されているので安心です!)

— — — — — — — — — — — — — — — — — — —
ショールームでは、実際の機械や仕組みも見ることができます。
発泡ウレタン断熱材が膨らむ様子のご覧いただけますよ!
 

熱交換型換気システムは高い!? 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング