クイーン・エリザベス、横浜・大さん橋に初寄港 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

ニュース

クイーン・エリザベス、横浜・大さん橋に初寄港
ニュースなどでご覧になった方も多いかと思いますが、
“海の女王”と呼ばれるイギリスの豪華客船「クイーン・エリザベス」(QE)が先週末、
横浜・大さん橋に初寄港していました。
 
干潮時を選んで横浜ベイブリッジをぎりぎりの高さで通過するなど、話題でしたね。
 
QEはイギリス・サウサンプトン港を1月に出発し、
(サウサンプトンはサッカー日本代表 吉田麻也選手が所属する、
 プレミアリーグ サウサンプトンFCの本拠地でもあります)
5月までの120日間、世界中を旅するワールド・クルーズの21番目の寄港地として
横浜港にやってきました。
 
(1日目 3月16日/入港の様子)
20140317_QE1.jpg

近くにやってくると、目の前に大きなビルが建ったような感覚になります!
入港は23:30と遅い時間でしたが、
船上からたくさんの乗客のみなさんが
「コンニチハ!!!」と大きな声で手を振っていました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
…120日も過ごすとなると、しばらくの間は船が「家」ですね。
家ごと旅をしているような感覚になるのでしょうか!?

暗い海にキラキラ輝く宝石のような灯りをともしたQE。
ふと、客船は停泊中も灯りが消えないのはどうして!?と思い調べてみました。
 
【客船の動力は「ディーゼル・エレクトリック」方式
 
軽油などの燃料を利用したディーゼルエンジンで発電機を駆動し、
発電機で発電した電力を使って船の推進力となるプロペラを回したり
客船内の電力として利用しているとのこと。
停泊中は船内の電力分を発電すればよいので、エネルギーの無駄がないですね。
 
(住宅でいうと、ガスで電力を生み出して効率的に利用する“エネファーム”のよう!)
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐--------------------‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 
(2日目 3月17日/出港の様子)
20140317_QE2.jpg
 
出港時。
大さん橋にはキャンドルで[bon voyage(よい旅を)] と文字が描かれ、
「アリガトウ!!!」「ありがとう!!!」とお互いに声をかけあう人々が
とても印象的で、開港の地・横浜らしい光景でした。
 
横浜への寄港が素敵な旅の思い出となっていることを願うとともに、
旅の無事をこころよりお祈りいたします。
 
・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…
 
大さん橋には、クイーン・エリザベス以外にもたくさんの大型の客船が寄港します。
気軽に乗ることができる観光船も運行されていますので、
春風が気持ちのいい季節、船旅の風を感じに出かけてみてはいかがでしょうか☆
 
 
横浜港 大さん橋客船ターミナル
http://www.osanbashi.com/
 
(クイーンエリザベス)キュナード・ライン 公式サイト
http://www.cruise-vacations.co.jp/cunard/

☆おまけ☆
QE_dog.jpg
(日本を代表する犬!柴犬もお見送りにきていました)


クイーン・エリザベス、横浜・大さん橋に初寄港 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング