【魔法びんハウス建築レポート】 真冬のくらし心地編 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

ニュース

【魔法びんハウス建築レポート】 真冬のくらし心地編
昨年の春から夏にかけてお届けしてきた、「魔法びんハウス建築レポート」。
今回はその続編をお届けします。
7月に完成を迎えて半年が経つY様ご家族に、
今のお住み心地をうかがってきました。
 
おうかがいしたのは、記録的な大雪となった週末。
前日までの豪雪とは打って変わって、
この日は快晴だったものの、かなりの量の雪が残っていました。
 
外構も完成したY様邸。玄関や、デッキ、植栽がキレイですね。
雪のせいか、どこか外国のような雰囲気です。
 
0216yamamoto_1.jpg

実際にお住まいの様子がこちら。

0216yamamoto_2.jpg

0216yamamoto_4.jpg

奥様手づくりのパネルを飾っていらっしゃったり、
お子さんたちがリビングやキッチンから見渡せる中2階のスペースを
活用している様子を拝見することができました。
 
さて、半年住まわれての住み心地はいかがだったのでしょうか?

Q:暖かさ、涼しさはいかがでしたか?
今年の夏は2階寝室のエアコン設置が間に合わなかったのですが、
1階リビングのエアコンと扇風機で十分過ごせましたね。
冬でも、リビングのエアコンをつけるくらいで、あまり2階のエアコンは
使わずに済んでいます。
 
Q:魔法びんハウスの性能を感じるのはどんな時ですか?
外から帰ってきた時ですね。一日出かけて帰ってきたときでも
玄関を開けた時に暖かさを感じます。
以前がマンション住まいだったので、戸建に引っ越すと寒く感じる
イメージだったのですが、まったくそんなことはなかったです。
 
Q:光熱費に変化はありましたか?
オール電化にしたこともあって、単純には比較できないのですが、
居住面積が以前よりも広くなっていることを考えると、
面積あたりの冷暖房費という意味では明らかに安くなっていますね。

0216yamamoto_5.jpg

 
ちなみに、Y様邸は吹き抜けのある開放的な間取り。
一般的に吹き抜けをつくると仕切りがない分、寒く感じる方がいらっしゃるのですが、
魔法びんハウスでは、そんな悩みも解決できることを実証していただきました。
 
私達も、2時間ほどお邪魔している間に寒さは感じませんでしたね。
これは、外気が低くても、地中の熱を利用している魔法びんハウスだからこそ。
効果を体感いただけているお話を聞くことができて、本当に嬉しい日になりました。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…

 
さて、実はこの日は雑誌掲載の撮影を兼ねてのご訪問でした。
実際にお暮らしの様子は、
4月21日発売の「SUUMO注文住宅 神奈川で建てる」に掲載予定です。
ここでお伝えしきれなかった事もご紹介される予定ですので、ぜひご覧ください。
 

 

 

【魔法びんハウス建築レポート】 真冬のくらし心地編 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング