平成25年度安全大会実施のご報告 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

ニュース

平成25年度安全大会実施のご報告
去る11月15日、横浜市教育会館(横浜市中区)にて
タツミプランニング「平成25年度 安全大会」を実施いたしましたので、
ご報告いたします。

[安全大会とは]
労働災害を防ぎ、安全な現場をつくることが
施主様はもちろん、地域のみなさまや関わる全ての人の安心につながるよう、
安全衛生について学び、意識を高める機会として行われる建設業界の大切な集会です。
 
20131115_1_P1000866.jpg
 
今回の安全大会では、大工職人さん、メーカー担当者様、当社の社員など
約300名が参加しての開催となりました。
 
冒頭、当社代表 米山茂からの
「建設現場ではいつ怪我をしてもおかしくない状況、
 いつそれ以上のことが起こってもおかしくない環境で仕事をしています。
 それを忘れないこと、意識することで共によい現場をつくっていきましょう。」
という挨拶で始まったプログラム。

「安全衛生委員」の組織発表、統括安全衛生管理者からのご挨拶、
安全衛生委員会の代表による安全宣言と続きます。

20131115_2.jpg

(写真左下:協力会社様を代表して株式会社梅津商店 山田様、当社建築工事部 小久保)

さらに今回の安全大会のテーマ “ヒューマンエラー” (人的なミス)に沿って
当社建築工事部 府川による「労働災害事故防止~ヒューマンエラーについて考える~」
についての方針説明、安全ビデオの鑑賞を行いました。


社会保険労務士 阿部事務所の所長 阿部毅様から労災保険についてのご説明をいただき、
第一部は終了です。
 
20131115_3.jpg
20131115_4.jpg
(長丁場となる安全大会。休憩時間にはほっと一息!お茶が配られました。)

第二部ではまず、「危険ゼロへ向けて(心のあり方と実践)」 のテーマで
SMJセーフティモラルジャパン代表 横尾愼一様より安全訓話をいただきました。
 
20131115_5.jpg

その中で「あいさつの四原則」というお話があったのですが、その四原則とは
先手必勝・明るく大きな声・ひとことひとことはっきりと・最大の笑顔 とのこと。
基本的な行動にこそ、心のあり方が表れるのだなと思いました。
当たり前のことを当たり前以上にすること、その心が安全につながっていくのですね。

つづいて安全功労の表彰です。

日頃の率先した安全推進を心より感謝し、以下の皆様を表彰いたしました。

社長賞   荻野建設 荻野建夫 様
安全功労賞 安達土木 様
      有限会社内田左官工業 様
      株式会社スキルドシール 様
      有限会社橋本インテリア 様

 
最後に、安全スローガン・ゼロ災害宣言を参加者全員で行い、
安全大会は無事終了となりました。
20131115_6.jpg
 
今回制定した安全スローガンは
「No more ヒューマンエラー!あなたの現場は宝物」。

関わる全ての方へ宝物をご提供するんだという気持ちで
一丸となって取り組んでいこうという思いを新たにし、
労働災害ゼロの達成、交通事故災害の撲滅を誓い合いました。 
 

タツミプランニンググループではこのような取り組みを通じ
今後も真摯に安全衛生活動に取り組み、安全かつ快適な環境作りや、
社会的信頼の向上を目指して参ります。

———————————————————————-
(おまけ)
今回の安全大会の記念品として「ロゴ入りネックウォーマー」を
参加された皆様へお配りしました。
これで冬の現場も、防寒対策バッチリですね☆
20131115_7.jpg


平成25年度安全大会実施のご報告 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング