消費税増税のお話し その2 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング[髙松コンストラクショングループ]

ニュース

消費税増税のお話し その2

こんにちは、タツミです。

消費税のお話し その1の続きです

 

さっそく、2019年10月に10%になる消費税の増税に対し、

現在次々と発表になっている支援策のうち、主な3つをご紹介していきましょう。

 

まず1つめ

 

★住宅ローン減税制度が、13年に延長!

 

正式名称は「住宅借入金等特別控除」
住宅ローンの残額の1%※が、所得税・住民税から控除される制度です。
これまでは10年間でしたが、増税にあたり3年間の延長が決まりました。

 

※11年目以降の3年間は、毎年、建物購入価格×2%÷3の額と、
年末の住宅ローン残高の1%分の額とを比べ、少ない方の額

 

次に、

 

★すまい給付金が、最大50万円に拡充!

 

引上げ後の消費税率が適用される住宅を取得する場合、
引上げによる負担を軽減するため現金が給付される制度です。

これまでは最大30万円でしたが、
今回の増税にあたり、最大金額が引き上げられました。

 

そして3つめが、

 

★次世代住宅ポイントの新設!

 

一定の性能を有する住宅の新築に対して、
防災商品や家事負担軽減商品などと交換することができる
ポイントを発行する制度です。

 

発行されるポイントは、最大35万ポイント!(1ポイントは1円相当)
今回の増税にあたり、制度が新設されました。

 

 

ではここでモデルケースを例に、増税前と増税後を比較してみましょう。

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

消費税が10%になることで65万円負担増に・・・

一方、各種支援策で114万円相当の支援額が得られるため、増税分を上回ることも!

 

 

実は各種支援制度には、適用の条件があるのですが

タツミプランニングでの家づくりなら、標準仕様ですべての支援策の対象

になります。

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

住宅ローン減税・すまい給付金がどれぐらいになるのか、
すまい給付金公式webサイトで、気軽にシミュレーションすることができます。

 

シミュレーションはこちらから!⇒すまい給付金事務局ホームページ

 

増税はありますが、焦らなくても大丈夫。
ケースにより給付額が異なるので、まずはご自身のケースでイメージしてみましょう。

 

そして、どんな暮らしがしたいか、じっくり私たちにお聞かせくださいね。

 

 


消費税増税のお話し その2 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング[髙松コンストラクショングループ]