2019年度入社新卒生の内定式を行いました 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

ニュース

2019年度入社新卒生の内定式を行いました

こんにちは、タツミです。

去る10月吉日、2019年4月に入社予定の
新卒生の内定式を行いました。

 

タツミプランニングで新卒採用をスタートして早6年。
今年4月に入社した新卒メンバー5人も会社にすっかり慣れ、
現在では力強い戦力として大活躍中です。

 

さて、来春入社予定のメンバーはどのような様子だったのか
内定式の様子を少しだけご紹介します。

 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

 

今後の企業の成長に向け、タツミらしい人材を育てていきたいという思いから
例年より多い12名の内定者のみなさんに参加してもらうため、
今年は今までの会場のla bolaを飛び出して
クイーンズスクエア内の会議室で行われました。

 

 

代表 米山からの祝辞の後、内定証が授与されます。

 


 

内定者のみなさんからの自己紹介では、
将来のビジョンをしっかり持っている方が多く
晴れやかな表情でまっすぐ自分の思いを話す姿が印象的でした。

 

自己紹介の最後には米山から「最近観た映画は?」など
不意打ちの質問が飛ぶ一幕も。

 

続いて内定式に参加したリーダー社員から歓迎の言葉が送られ、
最後に内定者のみなさんで記念撮影をして内定式は終了しました。

 


(こちらの12名が来春の入社を予定しています!)

 

内定式の後は、ささやかながら懇親を兼ねたお食事会。

 

初めは緊張の面持ちだったものの、
後半にはすっかり和やかムードでたくさん会話し、
交流を深めていました。

 


 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

 

午後には、内定者研修の中で段階的に
社会人としての準備を進めてもらいたいという思いから、
グループディスカッションを行いました。

 

内容は、社会人に必要なことを3つ挙げ、
その理由を「話す」「伝える」「信頼する」
というキーワードを含めて発表するというもの。

 

6名1チームで30分間のディスカッションを行い、
代表者から1~2分の発表の後、
タツミ社員からのフィードバックを行いました。

 

 

ディスカッションの中では、

 

『知識や引き出しを増やすために、探求心を持つ』 

『客観的な見方として、わからない人にわかるように伝えるなど相手の立場に立つことが必要』

 

といった内定者のみなさんの発言に、

私たちも改めて意識しなければ、と気付かされる場面もありました。

 

新しく入社されるみなさんがタツミプランニングで
思い切り楽しく働けるよう、私たちも負けずに成長していきたいと思います。

 

残りの学生生活をめいっぱい楽しんで、
元気に4月を迎えられますようお祈りしています。

 

社員一同、ご入社を楽しみにお待ちしています!

 


2019年度入社新卒生の内定式を行いました 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング