月例の業者会を行ないました 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

ニュース

月例の業者会を行ないました

こんにちは!タツミです。

 

 タツミプランニングでは毎月定例で、業者会を行っています。

業者会とは、当社の家づくりにおいて部分工事に携わっていただいている
工事業者様と月に一度、安全管理や現場美化をはじめとして
お客様によりご満足いただける家づくりのため、
思いを一つにするための情報共有を行う大切な時間です。

 

 先日、3月の業者会を実施しましたので、その様子をご紹介します。

 

 

会場は日本丸メモリアルパーク内にある訓練センター。


まず、建築工事部の責任者からご挨拶を行います。
3月4月は、新しい生活のスタートにあわせて
ご入居を希望されるお客様が多くおられる時期。
忙しいからこそ、一つ一つの仕事を丁寧に行っていこうと呼びかけました。
また、先週のブログでもご紹介したタツミのえほんに関しても、
職人さんの仕事の魅力をこどもたちに伝えるために
多くの方に手に取って欲しいとお伝えしました。

 

 

神奈川一きれいな現場づくりを目指しているタツミプランニング。
3月・4月の重点取り組み項目について、
美化担当の現場監督から報告されました。

 

 

安全管理に関しても、具体的な事例をもとに共有が行われます。

労働災害を防ぎ、安全な現場をつくることはお施主様はもちろん、
地域のみなさまや当社に関わる全ての人の安心につながります。
年に一度開催している安全大会だけでなく、毎月の業者会でも
安全意識の徹底についての共有を行っています。

毎日を無事故で終えることは、建築業に関わる全員の願い。
皆さん真剣な表情で事例を見ておられたのが印象的でした。

 

 

全体共有のあとも、監督と施工業者様が話し合いを行い情報交換を行います。

 

良い家づくりは、良いチームワークから。
連絡を密に取り合いながら、お客様にご満足いただける住まいづくりのため
今後も一丸となって努めて参ります。

 

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 

<追記>

会場となった日本丸メモリアルパークに保存されている日本丸が、
このたび重要文化財の指定を受けることとなりました。


海上で保存されている帆船としては、
我が国初の重要文化財指定となるそうです!

 

昭和5年に進水し、「太平洋の白鳥」という愛称で多くの方に親しまれ
みなとみらいに無くてはならない風景となった帆船日本丸のように、
わたしたちが建てる家も多くの方に愛され、
ヨコハマの街並みの一部となるよう日々取り組みたいと思います。

 

 

 


月例の業者会を行ないました 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング