第一回:完成見学会 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

ニュース

第一回:完成見学会

こんにちは、タツミです。

 

タツミプランニングは、日本最大級の建築家ネットワーク
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)と連携し、
建築家との家づくりを叶える [ASJみなとみらいスタジオ] を運営しています。

[ASJみなとみらいスタジオ]では先日、お施主様のご厚意で、 
完成したお住まいを特別にお借りし、これから住まいづくりを考えるみなさまに
お見せする完成見学会を行いました。

 

都内の分譲住宅にお住まいだったお施主様。
もっと自分たちが暮らしやすい家にしたい!と建て替えを決意され、
建築家が設計する家にしたいと考えのお施主様から新しい家のリクエストをお聞きし、
お施主様の意向にぴったりの建築家さんをご紹介しました。
この建築家さんの図面のもと、タツミプランニングが責任を持って施工を行いました。
それでは完成見学会の様子を少しだけご紹介します。

 

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 

都内にある3階建てのお住まい。

「明るい家にしたい!」というお施主様のご希望を叶えるため
1階から3階を結ぶ螺旋階段に大きな窓を設置しました。
お隣のお宅との空間が少ない敷地のため
日が射しこみやすい場所に窓を設けるよう設計されています。

(螺旋階段の横に設置された窓)

 

2階にはリビングルーム。
窓の向こうに見えるテラスは、リビングルームの床と同じ高さ。
段差が無いことで、リビングルームが窓の向こうまで
続いているように感じることができますね。

 

ここで注目いただきたいのが、光の射す方向です。

①の明るい光は、先ほどご紹介した階段の横の大きな窓から射し込んでいます。
もう一か所、②の部分にも、真上から柔らかな光が届いています。
この光はどのようにして射し込んでいるのでしょうか??

 

上部が2階と3階とをつなぐ「吹き抜け」の空間になっており、
さきほどの②の光は、この空間を通じ3階から届いているのです。
この空間があることで、階段と反対側の窓が無い壁側にも光が入るようになったのです。
「明るい家にしたい!」というお施主様のご希望を叶えるために
建築家さんが知恵を絞った設計です。

 

また、道路に面したテラス前面は格子状の部分を設けることで
プライバシーを保ちつつ、風が通るようになっています。

 

 

2階のダイニングルームとキッチン。
ダイニングルームが一段高くなっているのは、
「食事をする空間と、ゆったりと寛ぐ空間を壁を使わずに区切りたい」
という建築家さんの考えが反映されています。

(一段高くなっているダイニングルーム)

 

見学に来られたお客様にお話を伺ってみると
『天井の高さを変えるだけで、過ごしやすい空間が生まれることに驚きました。
ルーフバルコニーがいいなと思っていましたが、リビングルームの開放感を見て、
このお宅のようなテラスにチャレンジしたくなりました。』
と仰っていました。
モデルハウスなどでは得られないような、
新たな気づきがたくさんあったようです。

 

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 

優れた設計だけでは、住宅は建ちません。
建築家のアイデアを形にする高い施工技術が必要です。
建築家との家づくりをお考えなら、年間500棟の住宅を手掛ける
タツミプランニングが運営するASJみなとみらいスタジオにご相談ください。
<お問合せはこちらから>

 

最後になりましたが、完成見学会にご協力をいただいたお施主様、
ご来場いただいたみなさまに、この場を借りまして御礼を申し上げます。

 

 

 

 


第一回:完成見学会 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング