平成28年 安全大会を実施しました 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング

ニュース

平成28年 安全大会を実施しました

こんにちは、タツミです。

 

11月15日、横浜市教育会館(横浜市西区)にて
タツミプランニング「平成28年度 安全大会」を実施いたしました。

 

「安全大会」とは、安全衛生について学び、意識を高めるために行われる、
仕事の安全に関して参加者全員で考える、建設業界の大切な集会です。
労働災害を防ぎ、安全な現場をつくることはお施主様はもちろん、
地域のみなさまや当社に関わる全ての人の安心につながります。

 

当日は職人のみなさま、メーカー担当者様、
当社の社員など約450名が集まりました。

 

 

開会あいさつのあと、安全宣言を行います。
写真左は当社の専属大工をまとめる大工会の「大工長」。
右は当社を代表して宣言する現場監督です。

 

 

家づくりはチームプレイ。
家作りに携わるすべての方が、安全を念頭に
行動することが求められます。

 

日ごろの業務に多大なご協力をいただいている業者様には、
感謝の気持ちをこめ、表彰状を授与しました。

 

 

会の後半では、楽天イーグルスの専属レポーターとしても知られる
スポーツリポーター・フリーアナウンサーの羽村 亜美さんをお招きし
現ニューヨークヤンキースの田中将大投手をはじめ
羽村さんが今まで出会った多くの一流アスリートの
『言葉の影響力』に関するお話しをいただきました。

その中で特に印象に残ったのが
「確認不足の状況で発した言葉が誤解を生んだ」エピソード。
安全はしっかりとしたコミュニケーションから
生まれるものであるということを再認識させられました。
(閉会後には「あの確認不足の話は印象に残ったよね」という
声が聞かれました)

 

講演の途中ではサプライズで、ヒーローインタビューの実演も。
突然の指名で、表情が硬い当社の社員(写真左)。

そんな状況下で、緊張をほぐしながら、
話を引き出して行く技術は「さすが!」の一言でした。
安全はチームワークで成し遂げるもの。
相手の緊張をほぐす会話の技術はとても参考になりました。

 

…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…

 

本年の安全スローガンは
『続けよう 日々のチェックの 積み重ね
 みんなでコミット 無災害』です。

事故や災害が起きず、安全な現場運営が出来るよう
「ゼロ災で行こう!」と参加者全員で指さし確認を行いました。

このスローガンを胸に、真摯に安全衛生活動に取り組み、
安全な環境のもと、お客様に安心して暮らしていただく家を、
これからも作り続けていきたいと考えています。

 

 

…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…

 

(おまけ)
今回の安全大会の記念品は
ミニテーブルにもなるタツミロゴ入りのクーラーバッグです。
建築現場で、少しでも役立ていただこうとご用意しました。
これからの寒い季節、暖かいものを飲むことでホッとしますよね。
しっかりと休憩を取ることで、事故や災害の発生を防止につながるはずです。

 

 

 


平成28年 安全大会を実施しました 横浜(神奈川)の注文住宅ならタツミプランニング